--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
12.17

劇団 メリケンギョウル 【骨相学 第1章~信仰~】

番組に遊びに来てくれた、佐々木耕平くん・あずまひかりさん出演の舞台『骨相学 第1章~信仰~』観劇してま


いりました。


3つのストーリーからなるオムニバス。

メリケンギョウル



タイトルから想像するにとても哲学的な難しい内容のものかと思いながらも、アップテンポに見ている側にも解り


やすく、ユーモアに溢れた舞台でした。


記憶を無くし、教会で働くことになった男が自殺を図ろうとするものの、死ねないという一コマ。


『死』というテーマを難しい言葉を入れながらも、絶妙な間で笑い変えてしまうのも見てる側からするととても楽


しく見れましたし、1人の少年が恋をし告白しようとした、学校一のモテ少女は実は天使で、人間を幸せにするた


めに(試験のために)やってきたけど、少年は相手にされないドタバタぶり、そして、ふしぎの国に迷い込んだのが


『アリス』ではなくオズの魔法使いの主人公『ドロシー』で、変ることのない物語に起きたズレのやり取りがドロ


シーと案内人の間で行われる。


まるで、コントのような会話。


どの、お話も後から後からじわりじわり笑いがこみ上げるんです。


そしてですね、ストーリーとストーリーの間に繰り広げられた、まったりとしたむちゃぶりコーナーがたまらなく


面白くて、この番組でもやってみたいと思ってしまいました。


それも含めて、ホントに楽しいものを見させて頂きました。


改めて思ったことは『楽しかった』とお客さんに思わせた勝ちだなってこと。


あれのここがどうとか、ここのあれがいまいちだったとか、そんなのはどうでもよいです。


お金払って見にいってその時間楽しめたのなら幸せだなってね。


個人的な意見ですがね。


佐々木くん、あざまさん、ありがとうございました。


メリケンギョウルさんありがとうございました。


次も楽しみにしています。
トラックバックURL
http://houkagostc.blog118.fc2.com/tb.php/36-c8b95282
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。